おばあちゃん、ゴメン・・・オレも辛くて。。。

  1. Home
  2. おばあちゃん、ゴメン・・・オレも辛くて。。。

2014-11-01 17:00:14

カテゴリー:アフィポーター通信

 

最新ノウハウ公開!!

羽田和広 オフィシャルサイト

IMG_9181
 

 
『次はしんじゅく〜、新宿に到着です』
 
 
この社内アナウンスを聞くと、少し安心するのです。
 
 
 
「あぁ、良かった。この苦しみから開放される。」
 
 
 
通勤ラッシュ時の満員電車
 
 
すし詰めにされ、息苦しく、手を自由に動かく事さえ出来ない
 
それは、現実生活で「地獄絵図」に最も近い状況。
 
 
 
 
どうも、羽田です。
 
 
 
 
サラリーマンを辞めて良かった一番の理由があります。
 
僕は、『満員電車』が死ぬほどキライです。
 
 
というのも、僕が住んでる八王子という街は東京の田舎と言われ、
 
新宿から特急で40分程かかります。
 
 
車で、15分も走れば高尾山に着いちゃう様な所です。
 
 
 
言ってみれば、この微妙な距離感が厄介なのです。
 
 
正直、都会までギリギリ通える距離なんです。
 
 
八王子はさして、盛り上がってる街ではないので
 
求人案件が本当に少ないです。
 
 
結局、就職するとなると、八王子なら工場勤務とか・・・
 
 
それが嫌なら、都会に出るしかないです。
 
 
そこで、大きな問題が発生します。
 
 
そうです。通勤ラッシュ地獄。。。
 
 
 
あれを、地獄以外に表現する言葉があるでしょうか?
 
 
しかも、朝って特急が無いんです。
 
各駅停車で新宿まで、約60分かかります。
 
 
途中、訳もわからず徐行したりします。
 
 
事故でもあろうものなら、社内にすし詰めのまま放置されます。
 
 
 
新宿に9時出社なら、朝6時半に起床です。
 
 
7時に家を出て、チャリを15分程必死にこいで
 
7時半出発の電車に滑りこむ。。。
 
 
そして、1時間立ちっぱなしで、汗臭いニオイや口臭に
 
揉まれながら気絶寸前で新宿に到着。。。
 
 
 
そこから、夜の9時、10時まで、クソミソに扱われて
 
一層精神にダメージを与える。
 
 
そして、同じように人ごみに揉まれながら帰宅する。
 
 
飯食っって、風呂入ったら、もう夜中の1時・・・
 
 
「あぁ、これで目を閉じたら、また同じ地獄が待っている・・・」
 
 
無限地獄を感じながら、眠りに付き
  
 
翌日、絶望と共に目を覚まし、同じように出社をする・・・
 
 
 
通勤時間だけを考えても
 
毎日往復で3時間近くをこの地獄で過ごすんです。。。
 
 
週15時間です。
 
 
月60時間です。
 
 
ただ、何をするわけでも無くひたすら、肉体的圧力と精神的圧力を
 
同時に味わうと言う拷問に耐える時間。
 
 
たまに座れたと思ったら、年配の方が目の前に立ったりして・・・
 
 
「ゴメンおばあちゃん、本当は席譲りたいんだ・・・
 
でも、ゴメン、オレも辛くて。少しだけ寝かせてくれ・・・」
 
 
善と悪の気持ちと闘いながら、情けない自分を責めたりする。
 
 
 
都会でサラリーマンを選択するということは、もれなく
 
こういった副作用が付いてきます。
 
 
それで、仕事が好きじゃない、将来に希望が持てない。。。
 
 
 
そりゃ、人間の心も病みますよ。
 
いい仕事も出来ませんよ。。。
 
 
 
 
 
正直、サラリーマン自体に価値が無いと思うなら
 
近所でフルタイムでバイトして、通勤時間や残業時間を
 
ネットビジネスに真剣に取り組んだ方がよっぽどマシだって思いました。
 
 
 
だから僕は、最終的に
 
近所のハードオフで洋服やスポーツ用品の買取バイトしながら
 
必死でネットビジネスをやりました。
 
 
ちなみに、バイトするならあまりハードなバイトじゃない
 
ヤツをオススメします。
 
 
引越し等の肉体系だと、帰宅しても疲れてネットビジネス
 
どころじゃなくなってしまいます。
 
 
 
今となっては、ネットビジネスだけでサラリーマンの
 
給料以上は稼ぐことが出来るようになり、
 
 
7時半に起きて、
 
ワンコの散歩して、
 
トレーニングして、
 
シャワー入って、
 
朝食食べて、
 
掃除・洗濯して
 
9時に隣の部屋に出社してます。
 
 
行き詰まったら、ワンコとランニングしたり
 
近所の喫茶店で仕事したりして、
 
 
夕飯食って、
 
嫁と会話して、
 
残りの仕事して
 
12時位にはベッドに入ります。
 
 
 
サラリーマン辞めたおかげて、こんなに健やかな生活を
 
手に入れる事が出来ました。
 
 
同じくらい働いたとしても、全く何の苦もありません。
 
 
正直、ダラダラしょうもないテレビを見るくらいなら
 
仕事をしていたいと思います。その方が楽しいです。
  

ハッキリ言って、現時点での収入自体はネットビジネスで
 
成功してるなんてレベルじゃないです。
 
 
でも、現実は大きく変わりました。
 
 
そして、後は仕掛ければ仕掛ける程、収入自体も上がります。
 
もちろん、その策もあります。
 
 
 
サラリーマンは、殆どの業界が今後右肩下がりです。
 
でも、ネットビジネスは頭を使って攻め続ける限り右肩上がりでしょう。
 
 
 
真剣に望んで、ほんの数ヶ月の努力でこの生活が手に入りました。
 
 
 
僕は、僕が苦しんでいたのと同じように苦しんで居る人の
 
現実を少しでも変えられたらと思います。
 
 
また、人としての輝きを取り戻して
 
アフィポーターとして共に活躍出来たら嬉しいです。
 
 
 
羽田和広
 
 
 
 
 
 
 
次回記事 娘を抱く練習・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメントフォーム

※メールアドレスは公開されません。



コメント(必須)

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

コメント