娘を抱く練習・・・

  1. Home
  2. 娘を抱く練習・・・

2014-11-04 17:00:22

カテゴリー:アフィポーター通信

 

最新ノウハウ公開!!

羽田和広 オフィシャルサイト

IMG_9192
 

 
僕が言いたいのは、たった20万円稼ぐだけでも、
 
『現実』が変わるのです。
 
 
 
億の金がど〜だとか・・・
 
高級マンションがど〜だとか・・・
 
外車に乗れるようになりましたとか・・・
 
本当に求めてるのは、そんな事じゃないんです。
 
 
 
もちろん、憧れた事はあります。
 
ネットビジネスをやってる以上、目指しはしましたが
 
ある程度手にしてみると、全く欲しいモノではない事に
 
再度気付かせてもらいました。
 
 
「カネは全てじゃない!!」
 
なんて金持ってから言え。
 
 
なんて事を言われましたが、
 
もしそう思っているなら、是非そう強く想い続けて下さい。
 
 
僕はある程度手にしたので言ってやろうかと思います。
 
「カネなんて何でもね〜!!大事なのは己じゃ!」
 
 
カネ持っているヤツは、沢山居ますが
 
お金を除いた部分がそいつの財産だ!!
 
 
ってのが僕の感想です。
 
まぁ、これは人それぞれカモ知れませんが。。。
 
 
ただ今の段階ではあなたがすべきは
 
将来に光が見いだせない・・・
 
心に余裕を持てない・・・
 
自分に自信がない・・・
 
 
 
そんな、サラリーマンの『現実』から抜け出す事が一番なのです。
 
 
 
正直、サラリーマンを辞める事が出来るだけで『現実』が一気に好転します。
 
 
 
別に、ブランド品をコレでもかと買い漁れるわけでも無いですが、
 
ファッションを楽しむ時間を持てます。
 
 
それは、心の余裕という事です。
 
 
僕がサラリーマン時代に「サザエさん症候群」を患っていた時は、
 
正直、着るものなんてどうでも良かったです。
 
 
髪型なんか気にする余裕もありませんでした。
 
 
とにかく、余計な事なんて考えたく無くて、毎日をいたずらに消費してました。
 
そして、それで良かったと思ってました。
 
 
 
今は、生活を楽しんでいるのでファッションを楽しむ余裕があります。
 
成金ヨロシク、センスが無いのを金で買おうとして
 
ハイ・ブランドを着飾る必要もありません。
 
 
 
ただ、ファッションセンスを磨く余裕があれば、
 
どうにでもなると思ってます。
 
 
 
事実、この日の服も、
 
TシャツはH&Mで1900円、
 
パンツはユニクロで1900円、
 
シューズはコンバースで3900円、
 
グラサンはレイバンで10000円、
 
ストールはノンブランドで3000円です。
 
 
全身コーディネートで、20000円です。
 
→ http://www.round-house.net/affiporter/01.png
 
 
 
 
でも、そこらの成金なんかよりカッコよく見せる事が出来ます。
 
 
ファッションは、外と内が一体となっていると思います。
 
自分の自信がファッションに反映されるのです。
 
 
中身を磨く余裕があれば、自然と外見なんて洗練されてきます。
 
しかし、サラリーマンの現実に病んでいる時は、中身も外見を淀んでしまいます。
 
 
そうです、サラリーマンじゃなくなる。
 
たった、それだけで僕は大きく人間が変わりました。
 
 
 
 
 
また、精神的ゆとりと時間的余裕が出るので、
 
もっと自分を磨きたくなりました。
 
 
健康に気を使う。
 
 
 
パフォーマンスを最大化したい。
 
 
 
精神レベルが向上するにつれて、
 
自分のパフォーマンスが気になりました。
 
 
 
僕は、ビジネスもスポーツも同じだと捉えてます。
 
スポーツなら、肉体的要素は重大な事を理解できると思いますが。
 
 
ビジネスとなると、多くの人は軽視しています。
 
 
しかし、あなたは腰痛に耐えながらパソコンに向かうことが出来るでしょうか?
 
 
痛風の痛みや糖尿病の恐怖を感じながら、良いデスクワークが出来るでしょうか?
 
 
 
100人中100人がNOだと思います。
 
 
肩が痛い、首が痛い。
 
たったそれだけでも、仕事のパフォーマンスに甚大な影響が出ます。
 
 
 
自分の能力を最大限に活用するために、
 
肉体管理にさえ気を配る事が出来る様になりました。
 
 
同時に、いいカラダしてるだけで、他人に褒められたり、
 
ファッションが決まったり、それによって自分に自信を得たり
 
その効果は絶大です。
 
 
 
 
凹んでいたサラリーマン時代から比べると、
 
非常に大きな自信を持つ事が出来るようになります。
 
 
 
そう。通勤時間に使っていた、時間を自分の健康と向き合う時間に使うだけでも、
 
自分の人生にとてつもなく大きなものが得られれます。
 
 
 
僕は、30台中盤になりますが、体脂肪率10%前後です。
 
 
これ程までに、肉体を進化させる事が出来ました。
 
→ http://www.round-house.net/affiporter/02.png
 
 
 
通勤地獄を逃れて、代わりに肉体と向き合う時間を得ただけです。
 
 
 
 
 
僕は一度、不本意ながらサラリーマンに戻ったことがあります。
 
 
実は、その時の同僚の言葉を聞いて、辞める決心をしました。
 
今でも忘れられない言葉です。
 
 
 
連日残業の彼に対し、僕はこう聞きました。
 
 
『毎日残業だと、子供に会えなくて寂しいでしょ・・・!?』
 
 
すると彼は、驚くべき答えをしました。
 
 
『えっ、全然だよ。むしろ、仕事で疲れて面倒くさいから
 
会うのなんて週末だけでいいよ・・・』
 
 
 
彼が働くのは、家族の為だと言ってました。
 
でもその仕事をしてるせいで、家族が面倒くさい・・・
 
 
サラリーマンってなんで矛盾だらけでクソみたいな仕事なんだって思い、
 
辞める決心をしました。
 
 
 
僕は、オーストラリアに留学していた事があります。
 
そして、現地の家族像を目の当たりにしていました。
 
オーストラリアはキスandハグの文化です。
 
 
ホームステイ先の思春期の娘でさえ、
 
パパが帰ってくるとキスandハグで出迎えるのです。
 
 
 
日本的頑固親父の過程で育った僕は、
 
この光景を見た時ほど、日本人の家族って寂しいなと思った事はありません。
 
 
だから、自分が家族を持つ時はキスandハグをするかは別として、
 
人として深く結びついた家族を持ちたいと思っていたのです。
 
 
 
同僚の発言は、その価値観を根底から覆す発言だったのです。
 
 
もちろん、家族を大事にしている人が沢山居るのは知ってます。
 
 
しかし、本当に大事にする心の余裕が無いんですよね。
 
 
 
僕には娘が2人居ます。
 
 
僕がもし、サラリーマンで病んでいるなら、
 
こんなにもシャカリキに喜んだりはしないでしょう。
 
 
 
また、産まれる前にパパママ教室なんて参加しなかったでしょうし、
 
嫁も誘って来なかったと思います。
 
 
 
勝手に産んでもらって、前述の同僚の様に、
 
自分の気が向いた時だけ可愛がっていたと思います。
 
 
 
そう。
 
悲しいのは、そういった人生のプライスレスな経験を心から楽しむ事が出来ない。
 
そんな心の余裕すら持てない『現実』が悲しいのです。
 
 
 
あなたが、もし大金があれば悩みの全てが解決されるなんて思っていたら、
 
それは間違いでしょう。
 
 
 
自分が幸せである事を感じる事が出来るココロを持つこと。
 
 
人として生きる・・・
 
 
 
コレが本当の意味での『富』です。
 
 
この状態を意識して目指しましょう。
 
 
 
 
 
 
羽田和広
 
 
 
 
 
 
 
次回記事 コレを意識してから結果が出るようになりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメントフォーム

※メールアドレスは公開されません。



コメント(必須)

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

コメント